浜松町駅・大門駅・芝公園駅より徒歩5分。港区芝の内科クリニック。風邪、花粉症、腹痛などの一般内科全般のほかに、糖尿病専門医・糖尿病指導医の資格を持つ院長による専門外来、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の治療を専門にしております。
トピックス

トピックス

緑茶にはアルツハイマ病発症の予防効果がある

  • 2017年9月10日 緑茶にはアルツハイマ病発症の予防効果がある 金沢大学からの報告で緑茶の成分のフェノル化合物(ポリフェノル)が将来の認知症発症リスクを低下させることがわかりました。60歳以上認知機能正常者約700名を5年間……
  • 腎臓も大切な臓器

  • 2017年7月16日 腎臓も大切な臓器 腎臓に負担が出るようなことは避けましょう。最近透析しないといけなくなった人が出てきました。腎臓に負担をかける因子をできるだけなくしましょう。1)血圧 140/9……
  • 高尿酸血症の合併に注意

  • 2017年4月25日 高尿酸血症の合併に注意 糖尿病や脂質異常症の患者さんには高尿酸血症を伴っていることがよく見られます。高尿酸血症を併発している人は内臓脂肪が蓄積されていることが多いといわれています。尿酸……
  • インスリン抵抗性になると認知症になりやすい

  • 2017年4月12日 インスリン抵抗性になると認知症になりやすい インスリンの抵抗性があると血糖値が上がりやすいことが知られています。インスリン抵抗性は肥満や運動不足から生じやすいといわれています。このインスリン抵抗性の状態が……
  • できるだけ早期に薬物用法を開始

  • 2017年3月27日 できるだけ早期に薬物用法を開始 食事療法と運動療法だけで数か月様子をみてもHbA1cが6.1%以上が続く場合は早めに薬物療法を開始したほうが薬の効きもよく良好なコントロルが可能になります。……
  • 食物繊維の摂取量が若い世代(20歳代)で少ない傾向がある

  • 2017年1月14日 食物繊維の摂取量が若い世代(20歳代)で少ない傾向がある 2015年国民健康調査の結果20歳代で食物繊維の摂取量が60歳代では17gとっているのに対して20歳代では12gと少なくなっていることが報告されました。食物繊維……
  • 肥満になりやすく、血糖コントロールが悪くなる食生活を把握しましょう

  • 2016年8月8日 肥満になりやすく、血糖コントロールが悪くなる食生活を把握しましょう ①早食い②夜21時以降に夕食をとる③一日のうち夕食が一番カロリが多い。①から③が主な原因といわれています。できるだけよく噛んでゆっくり食べる、食物繊維の多い野菜……
  • 炭水化物制限食の最近の話題について

  • 2016年4月24日 炭水化物制限食の最近の話題について 最近炭水化物制限食を積極的に実施している人が増えている印象がありますが、それについて様々な論文がでています。炭水化物制限で体重が減りやすいという報告や、変わらな……
  • 肥満は網膜症の進行に寄与する因子

  • 2016年3月10日 肥満は網膜症の進行に寄与する因子 先日糖尿病の研究会で、血糖コントロール不良以外に網膜症悪化に影響を与える因子として肥満があることが話題になっていました。肥満は動脈硬化促進因子として重要な役割を……
  • 認知症を防ぐ食事について

  • 2016年2月12日 認知症を防ぐ食事について 認知症の患者さんは、甘いものを非常に好み、緑黄野菜や魚を摂取することが少ないといわれています。認知症を予防する食事は、野菜、果物、ナッツ類、魚です。なお血糖が高……
  • « 1 2 3 4 12 »
    初診の方へ|詳しくはこちら

    カテゴリー

    クリニック情報

    お気軽にお問い合わせください

    Tel. 03-5777-5331

    診察時間診療時間

    診療時間
       9:00~12:30
    15:00~18:30

    △…水曜午後(第1・3・5) □…金曜午後(第2・4・5) ☆…土曜午前(第2・4)
    月によって休診日の変更もございますので初診の方は電話にてご確認のうえご来院ください。

    ※18時以降の診療は、予約制になっております。電話で予約をお願いいたします。

    [ 休診日 ]土曜午後、日曜、祝日

    [ 浜松町駅 徒歩5分 / 大門駅 徒歩4分 / 芝公園徒歩5分 ]

    〒105-0012 
    東京都港区芝大門2-10-2 黒田ビル2F

    PAGETOP